学校での人間関係

学校で学ぶ社会でのルール

トップ / 学校で学ぶ社会でのルール

社会へ出る前の学校の意義

学校は社会の縮図とはよく言いますが、人間関係を見てみると本当にそのとおりであると言えます。生徒の中には先輩と後輩という上下関係があり、クラスメイトという仲間もいます。その中で喧嘩があったり、いじめもある訳ですが、先生がルールを決めて、時には生徒に罰を与えることもあります。このような環境が学校という守られた空間の中で作られており、生徒は社会にでる前の人間関係の練習を繰り返せるというわけです。子供は素直で全てを学ぶ態勢があるので、こういった環境下で人との関わり方を学んでいきます。上下関係やルールばかりにしばられないよう、のびのびと育って欲しいですね。

子供にのびのび育ってもらう

子供は学校で喧嘩をして、先生に怒られたり、イタズラをして罰を受けたりします。しかし、時に子供は自分がなぜ悪いのか分かっていない時があります。遊んでいたつもりでも、先生から見るといたずらをしているように見える場合もあります。こうした時に必要なのは、なぜ彼らが悪かったのかを説明してあげることではありません。彼らの話を優先的に聞いてあげるという事です。そうする事で、まずは子供に共感する事から始め、それが本当にいいことだったのか、悪いことだったのか、一緒に考えてあげると良いと思います。学校での教育として、説教するのではなく、質問する事で彼らから答えを導き出せるといいですね。

学校での生活に関する情報

© Copyright 学校で育む個人のちから. All rights reserved.