学校での給食について

学校での楽しみは給食

トップ / 学校での楽しみは給食

学校の給食にまつわるお話

日本で初めての給食は、明治22年、山形県にある学校が、貧困児童を対象に始めたものだったそうです。これが始まりで、給食の歴史の初期ではずっと、給食は貧しい子どものためだったようですね。大正時代になってやっと、現在の文部科学省が、給食を奨励したようです。昭和時代に入ると、お米とお味噌汁が学校で無料で食べられるのは除々に常識となっていきました。昭和後半になると、給食はどんどん豪華になり、栄養に偏りがないように作られていきます。今では誰でも当たり前のように食べている給食ですが、この歴史があってこそのものだったようですね。

家で給食が食べたい時は

学校の給食というのは誰でも懐かしい思い出があると思います。社会人になったあとでも、給食が食べたくなる人もいるのではないでしょうか。そんな方には、家で給食が食べれるようにレシピが公開されています。懐かしい、給食のドライカレー、給食の味噌汁など、インターネットで調べるとたくさんレシピがあります。特に、きなこ揚げパンは人気のメニューで、どのレシピが一番給食の味に似ているかなども、話題になっています。家で手軽に学校の味が再現できるので、昔の友だちを集めて皆で作っても楽しいかもしれませんね。是非、試してみたくださいね。

学校での生活に関する情報

© Copyright 学校で育む個人のちから. All rights reserved.