臨床検査技師の役割

臨床検査技師の重要な役割

トップ / 臨床検査技師の重要な役割

臨床検査技師の重要な役割とは

臨床検査技師は主に病院などの医療機関において患者の血液や尿、心電図などの検査を行う医療技術者です。検査には血液や尿などの細菌やウィルスについて調べて病因や病気の程度を究明する検体検査と、心電図や脳波、超音波検査などの生理検査の2種類があります。病院にかかる患者は必ずと言っていいほど何らかの検査を行うものであり、その結果をもとに医師が診断、治療方針の決定をしていくため、臨床検査技師は現在のチーム医療において欠かせない存在です。最近では検査を専門に行う検査センターなど、病院以外での活躍の場も広がっています。

特定の業務を学ぶ専門学校の魅力

専門学校は幅広く教養を学ぶ多くの学校とは異なり、特定の専門知識や技術を学ぶことに力点を置いている学校の一種です。そのため各種の資格取得の近道になっていることが多く、より実践的な職業人の養成育成という面では大学などよりもより実践的であると言えます。このような専門性の高い勉強をすることによって選択可能な将来の進路は狭まることになりますが、その分より深い専門性を活かした就職につなげることが出来るようになります。この様な専門学校は比較的短期で卒業できるのが特徴である半面、学生の間は忙しくなります。

学校での生活に関する情報

© Copyright 学校で育む個人のちから. All rights reserved.